apr

March 14, 2016

KENTNER: The pioneering Liszt recordings Vol.2

ルイス・ケントナー

LOUIS KENTNER: The pioneering Liszt recordings Volume 2

kentner2

1. ウィーンの夜会 第6番 〔第2版〕 S.427/6iii (シューベルト=リスト)
2. パガニーニによる大練習曲 第2番 オクターブ S.141/2
3. パガニーニによる大練習曲 第3番 ラ・カンパネラ S.141/3
4. パガニーニによる大練習曲 第5番 狩り S.141/5 
5. ラ・レジェレッツァ S.144/2
6. 小人の踊り S.145/2
7. 愛の夢 第3番 S.541/3
8. 鬼火 S.139/5
9. ゴンドラ漕ぎの女 S.162/1
10. タランテラ S.162/3 
11. R.W. - ヴェネツィア S.201
12. 夢の中で S.207 
13. 死のチャールダーシュ S.224
14. 《預言者》の描写 第2番 スケートをする人々 S.414/2 (マイアベーア=リスト)

apr APR 5614
Recorded: 1937-1951 

〔メモ〕
ルイス・ケントナーによる先駆的リスト録音集の第2弾です。リスト直系ピアニストのアルノルド・セーケイに師事しました。同じくリスト直系のバルトークとも深い親交を結び、バルトーク作品の初演をいくつか行いました。これら録音はケントナーがコロムビアレーベルに残したものですが、当時はリスト作品の評価は低く、これだけのリスト録音をすることはリスクを伴うものでした。実際これら録音は近年になるまで無視され続けてきたそうです。「R.W.」「夢の中で」「死のチャールダーシュ」「預言者の描写」は世界初録音ですが、これらの当時珍しい作品を録音できたのはリスト愛の為せる業でしょう。最終的にケントナーの地道な活動がリスト受容に与えて影響は大きいと思います。
演奏の方は口当たりの良いシャンパンのような爽やかなタッチで音楽が紡がれています。イギリスの作曲家コンスタント・ランバートは「(ケントナーのように)パワーに溢れ、それと同時にデリカシーや音色の微細な変化を持ったピアニストは聴いたことがない。彼を数少ない第一級のピアニストに数え上げることに私は何の躊躇もしない」とケントナーの演奏を讃えています。  

フランツ・リスト→イシュトヴァーン・トマーン→アルノルド・セーケイ→ルイス・ケントナー

関連記事: Louis Kentner: The pioneering Liszt recordings 
関連記事: Vox Legends: Kentner plays Liszt 
関連記事: Liszt: Transcendental Etudes: Kentner 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 01:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 15, 2013

Valerie Tryon: A LISZT Odyssey

ヴァレリー・トライオン 

A LISZT Odyssey 

tryon apr

Disc.1
  2つの演奏会用練習曲 S.145
1. 森のざわめき
2. 小人の踊り 
3. 泉のほとりで S.160/4
4. エステ荘の噴水 S.163/4
5. 静かな炉端で (マイスタージンガー) S.448 (ワーグナー=リスト)
6. イゾルデの愛の死 S.447 (ワーグナー=リスト) 
7. ハンガリー狂詩曲 第11番 S.244/11
8. 春の夜 S.568 (シューマン=リスト) 
9. 献呈 S.566 (シューマン=リスト) 
  ピアノ独奏のための歌の本 第2巻
10. おお、私がまどろむとき S.536 
11. どのように、と彼らは言った S.535
12. 息子よ、私が王ならば S.537 
13. すてきな芝があり S.538 
14. 墓と薔薇 S.539 
15. ガスティベルザ S.540 
16. 葬送曲 S.173/7 

Disc.2 
1. 《ファウスト》のワルツ S.407 (グノー=リスト)
  巡礼の年 第2年 補遺 ヴェネツィアとナポリ S.162 
2. ゴンドラ漕ぎの女
3. カンツォーネ
4. タランテラ
5. ローレライ 〔第2稿〕 S.532 
6. お気に入りの小ワルツ S.212
7. ワルツ形式のアルバム・リーフ S.166 
8. アルバム・リーフ S.165 
  ピアノ独奏のための歌の本 第1巻 S.531
9. ローレライ 〔第1稿〕
10. ライン河、その美しい流れに
11. ミニョンの歌
12. トゥーレの王
13. 天から来たりし御身
14. ブロンドの小さな天使
15. ハンガリー狂詩曲 第12番 S.244/12

apr APR 7039 
Recorded: 2001/2000 

〔メモ〕 
ロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージックに最年少で入学を許された一人であり、パリではジャック・フェヴリエに学んだトライオンのリスト集2枚組です。彼女は膨大なレパートリーを所有し、特にロマン派音楽ショパン、リスト、ラフマニノフなどを得意としています。またその活動、功績に対し、彼女はハンガリー政府からフランツ・リスト勲章を授与されています。
彼女は職人肌のピアニストで、仕事をキッチリこなすタイプです。自分の個性を出すというよりは、楽譜に書かれていることを忠実に音に昇華しようという姿勢が見えるような気がします。職人肌ということで基本的な技術もしっかりしています。このような解釈の演奏は初めてその作品を聴く際に適していると思います。「ああ、この作品はこういう曲なのか」と、その作品の誇張されていない等身大を聴くことができます。
またもうひとつの注目すべき点は、珍しいレパートリーでしょう。「歌の本」(2集、全12曲)がこのクオリティで聴けるというのも素晴らしいです。

ちなみにブックレットの解説は著名なリスト研究家アラン・ウォーカーによるものです。

フランツ・リスト→カール・クリントヴォルト→エドゥアール・リスレール→ジャック・フェヴリエ→ヴァレリー・トライオン 


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 00:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 26, 2012

MARK HAMBOURG : Liszt

マルク・ハンブルグ

Liszt The Hungarian Rhapsody recordings 

Hambourg liszt

Disc.1
  ハンガリー狂詩曲 S.244
1. 第1番
2. 第2番 〔カデンツァ付〕
3. 第3番
4. 第4番 悲劇的な英雄の詩
5. 第5番
6. 第6番
7. 第7番
8. 第8番
9. 第9番 ペシュトの謝肉祭
10. 第10番
11. 第11番

Disc.2
  ハンガリー狂詩曲 S.244
1. 第12番
2. 第13番
3. 第14番
4. ラーコーツィ行進曲 〔普及稿〕 S.244c 
5. 第2番 〔カデンツァ付〕
6. 第14番
7.-9. 悲愴協奏曲 S.258* 

*Pf: マイカル・ハンブルグ  

apr APR 7040 
Recorded: 1926-1935 

〔メモ〕 
歴史上初めてハンガリー狂詩曲の全集を録音したピアニストとして知られるマルク・ハンブルグです。昔はハンガリー狂詩曲1番から15番までとスペイン狂詩曲がセットで出版されることが多く、15番までで「ハンガリー狂詩曲全集」とみなされていました(16番~19番はあまり知られていなかった)。
ハンブルグは最初父ミハイル・ハンブルグにピアノの手解きを受けますが、父ミハイルはニコライ・ルビンシテイン(ロシアピアニズムの始祖のひとり/モスクワ音楽院創設者)とセルゲイ・タネーエフ(N.ルビンシテインの弟子/名教師)に師事したピアニストです。そしてその後マルク・ハンブルグは19世紀リストと並んで最も偉大な教師と言われたレシェティツキに3年間師事しました。
さて彼の演奏ですが「フリーダム」の一言に尽きます。至る所に即興フレーズを散りばめ、リズムやテンポは急に変更されたり崩されたり、ミスタッチなどお構いなしで、実に生き生きした演奏。正確に演奏された現代の演奏録音に慣れている方が彼の録音を聴いたら「金返せ!」と怒りだす人もいるかもしれません(笑)。しかしこれはいい加減に演奏されているわけではなく、彼のポリシーを貫いた結果なのです。彼はインタビューでことあるごとに「冷酷な正確さ」が音楽性を犠牲にしていると主張していました。演奏哲学は演奏家の数だけあってよいのです。  

このディスクは個人的にはすごく面白く聴けます。第2番の録音は2度とも同じようなカデンツァが演奏されていますが、これも笑える面白さ。14番は曲が原型を留めていない。「ハンガリー狂詩曲第14番風インプロヴィゼーション」とでも呼べそうな演奏です。ラーコーツィ行進曲は「ハンガリー狂詩曲第15番」の簡易稿とも言える「普及稿」が演奏されています。

2台ピアノ曲「悲愴協奏曲」で共演しているマイカル・ハンブルグはマルクの娘です。


記事一覧(サイトマップ) 



ミッチ at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 27, 2012

Sergio Fiorentino The Early Recordings Volume Four

セルジオ・フィオレンティーノ 
The Early Recordings Volume Four
Liszt: The Orchestral Recordings 

fiorentino4

1. メフィストワルツ 第1番 S.514 
2.-6. 5つのハンガリー民謡 S.245 
7. アブ・イラート S.143 
8. 婚礼 S.161/1 
9.-12. ピアノ協奏曲 第2番 S.125* 
13. 華麗なるポロネーズ S.367 (ウェーバー=リスト)*
14. ポーランド民謡による幻想曲 Op.13 (ショパン)* 

*ヴァーノン・ハンドリー指揮/ギルドフォード・フィルハーモニー管弦楽団 

apr APR 5584 
Recorded: 1962-1966 

〔メモ〕
"この類稀なるヴィルトゥオジティ、想像力に富んだデリカシー"

イギリスの著名な批評家であるブライス・モリソンはこのようにフィオレンティーノを称賛しています。ルイジ・フィニッツィオやパオロ・デンツァ(ブゾーニの弟子)に師事したフィオレンティーノです。彼は飛行機事故に遭い、その後遺症から体が麻痺することがありました。その結果コンサート活動はあまり行わず、教育活動をメインにしていました。
ここに収められた録音は事故のあと復帰した時のものですが、事故の影響など微塵も感じさせません。「メフィストワルツ」や「アブ・イラート」など悪魔に憑かれたかのような凄まじい演奏です。そして以前から何度も書いていることですが、フィオレンティーノは様々なタイプの曲にそれにあった相応しい解釈で演奏します。「婚礼」では、悪魔はどこかへ行ってしまい、瞑想性が高く、あたかも聖人が演奏しているかのようです。バラエティに富んだ収録曲もこのディスクの魅力のひとつでしょう。

「華麗なるポロネーズ」と「ポーランド民謡による幻想曲」の2曲以外の全てはマスターテープが失われているため、ここに収録されているものは当時市販されたLPからの板起こしでの録音となります。

フランツ・リスト→カール・タウジヒ→ベニアミーノ・チェージ→アレッサンドロ・ロンゴ→パオロ・デンツァ→セルジオ・フィオレンティーノ

関連記事:Sergio Fiorentino The Early Recordings Volume One 
関連記事:Sergio Fiorentino The Early Recordings Volume Two 
関連記事:Sergio Fiorentino The Early Recordings Volume Three 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 20:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 15, 2011

SIMON BARERE | The Complete HMV recordings 1934-1936

シモン・バレール

The Complete HMV recordings 1934-1936 

barere hmv

Disc.1
1. ラ・レジェレッツァ S.144/2 〔コーダ:レシェティツキ〕 
2. ペトラルカのソネット 第104番 〔オッシア〕 S.161/5
3. 小人の踊り S.145/2
4. 《ドン・ジョヴァンニ》の回想 S.418 (モーツァルト=リスト) 
5. 忘れられたワルツ 第1番 S.215/1 
6. スペイン狂詩曲 S.254
7. スケルツォ 第3番 Op.39 (ショパン)
8. マズルカ 第38番 Op.59/3 (ショパン)
9. ワルツ 第5番 Op.42 (ショパン) 

Disc.2 
1. イスラメイ (バラキレフ)
2. 左手のための練習曲 (ブルーメンフェルト)
3. 練習曲 Op.31/1 (グラズノフ)
4. 練習曲 Op.2/1 (スクリャービン) 
5. 練習曲 Op.8/12 (スクリャービン)
6. ルネサンス 第12番 ジーグ (ルイエ=ゴドフスキ) 
7. ルネサンス 第6番 タンブーラン (ラモー=ゴドフスキ) 
8. トッカータ Op.7 (シューマン) 
9. 《ドン・ジョヴァンニ》の回想 S.418 (モーツァルト=リスト)
10. 練習曲 Op.8/12 (スクリャービン)
11. イスラメイ (バラキレフ)
12. トッカータ Op.7 (シューマン) 
13. マズルカ 第38番 Op.59/3 (ショパン) 
14. トッカータ Op.7 (シューマン) 

apr APR 6002 
Recorded: 1934-1936 

〔メモ〕
グラズノフに「彼はある意味フランツ・リストのようであり、また別の意味でアントン・ルビンシテインのようでもあった」と形容された電光石火のスーパーヴィルトゥオーゾ・バレールのHMV録音を集めたアルバムです。バレールが納得できず、録り直しされた録音も全て含まれています。バレールはアネッテ・エシポフとフェリックス・ブルーメンフェルトに師事しました。エシポフはレシェティツキの弟子で、ブルーメンフェルトはルビンシテインの直接の影響下にいたピアノ教師です。
このバレールの演奏からは「生きるための必死さ」のようなものを感じます。ソヴィエト政府に活動を制限されたり、ナチスから逃れるためドイツからスウェーデンへ逃亡したり、貧困に喘いだこともありました。この彼の鬼気迫る演奏にそのようなバックグラウンドは影響しているのでしょうか?興味は尽きません。

ちなみに名前の発音は本来「バーレア」に近いそうです。

関連記事: SIMON BARERE at the Carnegie Hall Volume One 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 01, 2011

Sergio Fiorentino The Early Recordings Volume Three

セルジオ・フィオレンティーノ
The Early Recordings Volume Three
Années de pèlerinage : Première année - Suisse 

fiorentino3

1.-9. 巡礼の年 第1年 スイス (全曲) S.160  
10.-12. 巡礼の年 第2年 補遺 ヴェネツィアとナポリ (全曲) S.162

apr APR 5583
Recorded: 1963/1962  

〔メモ〕
フィオレンティーノの初期録音集第3弾です。 フィオレンティーノの主な師はパオロ・デンツァやカルロ・ゼッキであり、そういう意味ではイタリア・ブゾーニ楽派の正統的な継承者と言えるかもしれません(デンツァ、ゼッキ共にブゾーニの弟子)。しかし本人は最も大きな影響を受けたのは巨匠たちの実演を演奏会で聴いたことだと語っています。その巨匠たちというのはフィッシャー、コルトー、ギーゼキングです。そして他に影響を受けたものとしてラフマニノフのレコーディングを挙げています。
リストのコンソレーションという曲集はこの巡礼の年という曲集とはまったく異なる種類の曲集ですが、ここでのフィオレンティーノの演奏を聴いているとコンソレーションを聴いている気分になりました。コンソレーションは詩情豊かな曲集ですが、このゆっくりめのテンポで演奏されたスイスの曲集もポエジーのたちのぼる名演です。

ちなみに「ヴェネツィアとナポリ」はオリジナルのマスターテープが失われているため、ここに収録されたものは市販されたLPレコードから板起こしで復刻したものとのことです。

フランツ・リスト→カール・タウジヒ→ベニアミーノ・チェージ→アレッサンドロ・ロンゴ→パオロ・デンツァ→セルジオ・フィオレンティーノ   

関連記事: Sergio Fiorentino The Early Recordings Volume Two 
関連記事: Sergio Fiorentino The Early Recordings Volume One 
関連記事: Sergio Fiorentino The Early Recordings Volume Four 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 25, 2011

Sergio Fiorentino The Early Recordings Volume Two

セルジオ・フィオレンティーノ
The Early Recordings Volume Two
The Virtuoso Liszt

fiorentino2

1. パガニーニ大練習曲 第2番 S.141/2
2. 小人の踊り S.145/2
  ハンガリー狂詩曲 S.244 より
3. 第2番
4. 第6番
5. 第7番
6. 第10番
7. 第11番
8. 第13番
9. 半音階的大ギャロップ S.219 
10. パガニーニの《鐘》による華麗なる大幻想曲 S.420 

apr APR 5582
Recorded: 1966/1962

〔メモ〕
フィオレンティーノの初期録音第2集です。前作の「思索家・リスト」とこのディスクの「ヴィルトゥオーゾ・リスト」というテーマの対比が秀逸です。フィオレンティーノの全く異なる側面をここで垣間見ることになります。例えばリストの思索的な作品で詩的で深い表現を示すことができるピアニストがいるとしても、そのピアニストがリストの技巧的な曲でもその本領を発揮できるとは限りません(逆もまた然り)。フィオレンティーノはそのリストの両側面で力を発揮できる数少ないピアニストだと思います。僕が一番素晴らしいと思ったのはパガニーニ練習曲ですが、この曲に自由なフレーズの追加を施してます。それとは対照的に、解説によるとハンガリー狂詩曲において「2番のリストによるカデンツァ挿入の指示を受け入れず、11番のコルトーによるツィンバロン・トレモランディの装飾を避けている。彼の華麗な技巧性自体が魅力となっている」とのこと。非常に素直な技巧性を発揮させた名演だと思います。鐘による大幻想曲は世界初録音とのことですが、面白い演奏であり、興味深い楽曲だと思います。ブゾーニはこの曲に注目していたようです。ブゾーニ直系ピアニストであるフィオレンティーノがこの曲を録音してることは興味深い事実です。しかしフィオレンティーノと親交があったレコードプロデューサーのエルンスト・ルンペ氏によると、フィオレンティーノはこの曲を好きではなかったがレコード会社の要請により録音したとのことです。

ちなみにフィオレンティーノは1960年にロンドンでのリサイタルで一度この幻想曲で演奏するのですが、その時の聴衆にリスト弾きとも言えるケントナーやオグドンもいました。そしてそのことがオグドンがこの曲を学ぶきっかけとなったとのことです。

フランツ・リスト→カール・タウジヒ→ベニアミーノ・チェージ→アレッサンドロ・ロンゴ→パオロ・デンツァ→セルジオ・フィオレンティーノ 

関連記事:Sergio Fiorentino The Early Recordings Volume Three 
関連記事:Sergio Fiorentino The Early Recordings Volume One
関連記事:Sergio Fiorentino The Early Recordings Volume Four 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 02:56|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

April 06, 2011

Louis Kentner: The pioneering Liszt recordings

ルイス・ケントナー

The pioneering Liszt recordings

kentner 1

1. ハンガリー狂詩曲 第2番 S.244/2
2. バラード 第2番 S.171
3. 孤独の中の神の祝福 S.173/3
4. 子守歌 S.174ii
5. ポロネーズ 第1番 S.223/1
6.-7. スケルツォと行進曲 S.177
8. ハンガリー狂詩曲 第9番 ペシュトの謝肉祭 S.244/9

apr APR 5541
Recorded: 1937-1941

〔メモ〕
イギリスのリスト協会の会長としてはレスリー・ハワードの前任者であり、ハンガリー系イギリス人のケントナーです。彼の重要な師はアルノルド・セーケイであり、そのセーケイはリストの高弟イシュトヴァーン・トマーンの弟子なので、ケントナーはリスト直系のピアニストと言っていいでしょう(リスト→トマーン→セーケイ→ケントナー)。イギリス・リスト協会創設メンバーの一人であるコンスタント・ランバートに「彼はペトリに次ぐリスト弾きである」と言われています。
ケントナーは現在の知名度はかなり低いと思います。それはおそらく彼の演奏に派手さが無いからだと思います。ここでの演奏は卓越した技巧を持ち非常にシンプルな解釈で仕上げています。それは彼の信念に基づいているのです。その彼の信念というのは「ピアニストは作曲者の忠実な代弁者でなければならない」というものです。このように無駄な力みの無い絶妙な演奏も僕は好きです。

リヒテル、ブレンデル、ポリーニなどが取り上げて、現在では頻繁にリサイタルの曲目として取り上げられるリスト作品の一つとなった「灰色の雲」ですが、この曲を公の場で演奏したのはケントナーが初です。そしてこの録音集も多くが世界初録音です。彼の活動はまさに先駆的な仕事と言えるでしょう。

フランツ・リスト→イシュトヴァーン・トマーン→アルノルド・セーケイ→ルイス・ケントナー 

アマゾン別リンク:ケントナー/先駆的リスト録音集

関連記事:Vox Legends: Kentner plays Liszt
関連記事:Liszt: Trancendental Etudes: Kentner 
関連記事:Louis Kentner: The pioneering Liszt recordings Vol.2 


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 18:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 08, 2011

SIMON BARERE at the Carnegie Hall Volume One

シモン・バレール

SIMON BARERE at the Carnegie Hall Volume One

barere

Disc.1
1.-3. ピアノ協奏曲 第1番 S.124*
4. ペトラルカのソネット 第104番 〔オッシア〕 S.161/5
5.-10. ピアノソナタ S.178   

Disc.2
1. スペイン狂詩曲 S.254
2. 小人の踊り S.145/2
3. ファウストのワルツ S.407 (グノー=リスト)
4. 葬送曲 S.173/7
5. 小人の踊り S.145/2
6. ハンガリー狂詩曲 第12番 S.244/12

*デイヴィッド・ブロックマン指揮/ニューヨーク・フィルハーモニック

apr CDAPR 7007
Recorded: 1946/1947/1949

〔メモ〕
「電光石火のスーパーヴィルトゥオーゾ」であるバレールのライブ録音集です。バレールはブルーメンフェルトの弟子であり、ホロヴィッツと同門のピアニストです。
とにかく速い速い!全体的にスポーティヴな魅力があります。しかし彼は何も考えずに指を走らせているだけではありません。ペトラルカのソネットでのロマンティックで歌心があり魅力的。ファウストワルツでも聴かせ方がうまく、巧みなコントロールが光ります。ソナタでもロマンティックな解釈は変わらず、あたかもリスト直系の19世紀のピアニストが演奏しているかのようです。

なおバレールのロ短調ソナタを聴いたイシドール・フィリップは次のような手紙をバレールに送っています。

“これほどまでの美しい表現と壮麗なヴィルトゥオジティを持って演奏されたリストのソナタを、ブゾーニの演奏を聴いて以来私は聴いたことがなかった”

関連記事: SIMON BARERE | The Complete HMV recordings 1934-1936 


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 01, 2010

Sergio Fiorentino The Early Recordings Volume One

セルジオ・フィオレンティーノ
The Early Recordings Volume One
The Contemplative Liszt

fiorentino1

1. "泣き、嘆き、憂い、おののき" 前奏曲 S.179 
2-7. コンソレーション S.172 (全曲)
8. 灰色の雲 S.199
9. 悲しみのゴンドラ I S.200/1
10. 悲しみのゴンドラ II S.200/2
11. R.W.- ヴェネツィア S.201
12-15. 4つのピアノ小品 S.192/1-4
16. エレジー 第2番 S.197
17. ペテーフィの思い出に S.195
18. 眠られぬ夜! 問いと答え S.203i
19. 凶星! S.208

apr APR 5581
recorded: 1967/1962

〔メモ〕
「思索家リスト」と題されたフィオレンティーノの初期録音集第1巻です。個人的にはこのアルバムがフィオレンティーノの最高の一枚だと思っています。まさしく彼の本領はここにあるのでしょう。コンソレーションではホロヴィッツのようにチャーミングに振舞うかと思えばそうではなく、ゆったりとした詩的な解釈という点でオピッツの方に近いです。悲しみのゴンドラIIはミスタッチがあるために以前は発売されなかった音源で、このCDでの初発売です。そして灰色の雲は、指がつっかかりながら弾いているような解釈ですが、もはやここまでくれば技巧は関係ないと思ってしまう程の素晴らしさ。全てが素晴らしいです。全てが素晴らしいのですが、その中でも最高なのはエレジー第2番と凶星!です。これが芸術でないのなら何を芸術をいうのでしょうか。なりふり構わず音楽の中に潜む本質を鷲摑みにしているという点で、ケンプの伝説やユージナのバッハ変奏曲、そしてギンズブルグのジュネーヴの鐘と同様の世界観です。このような演奏を聴くと、彼岸という言葉を連想してしまうのは僕だけでしょうか。これはこの世に存在していい演奏ではありません。

フランツ・リスト→カール・タウジヒ→べニアミーノ・チェージ→アレッサンドロ・ロンゴ→パオロ・デンツァ→セルジオ・フィオレンティーノ 

関連記事:Sergio Fiorentino The Early Recordings Volume Three 
関連記事:Sergio Fiorentino The Early Recordings Volume Two
関連記事:Sergio Fiorentino The Early Recordings Volume Four 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 18:58|PermalinkComments(4)TrackBack(1)