busoni

August 19, 2012

ブゾーニは語る -リストという木-

19世紀後半の偉大なる作曲家、編曲家、ピアニストであるフェルッチオ・ブゾーニのリストに対するコメントです。

"まさにバッハはピアノ技法におけるアルファであり、リストはオメガなのである!" 

"私はリストの弱点を知っているが、彼の美点を見誤っているわけではない。根本的に我々は皆、リストから派生していると考えてよい。その点においてワーグナーも例外ではない。我々の作品の源泉をリストに見出すことができるのだ。セザール・フランク、リヒャルト・シュトラウス、ドビュッシーそしてロシア楽派などは皆すべてリストという木になった枝なのである。" 

Feruccio Busoni著
「Wesen und Einheit der Musik」 
第8章 über Franz Liszt : P184-189 より抜粋 

まず最初のアルファとオメガ発言ですが、僕は依然アルファを原点、オメガを頂点と訳しました。しかし(なんとなく言いたいことはわかりますが)ブゾーニが何を意図しているのかハッキリとはわからないので、そのままカタカナで書きました。アルファを原点、オメガを到達点と訳してもいいかもしれません。
ブゾーニはリスト賛美者だったということを考えると、この意見は若干大袈裟な表現に思われます。しかしフランク、シュトラウス、ドビュッシー、ロシア楽派への影響は明らかで、概ね間違いではないでしょう。フランツ・リストが「未来へ向けて放った槍」はちゃんと次の世代に届いていたのですね。

関連記事: シェーンベルク 「フランツ・リスト その活動と本質」 
関連記事: バルトークは語る -リストの先進性- 
関連記事: ラヴェルは語る -リスト作品の欠陥- 


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 20:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

June 20, 2012

Liszt Busoni Transcriptions / Sandro Ivo Bartoli

サンドロ・イーヴォ・バルトーリ

Liszt Busoni Transcriptions

liszt busoni bartoli

  パガニーニによる大練習曲 (リスト=ブゾーニ)
1. 第1番 BV B75
2. 第2番 BV B70
3. 第3番 ラ・カンパネラ BV B68
4. 第4番 BV B74
5. 第5番 狩り BV B76
6. 第6番 BV B67
7. ハンガリー狂詩曲 第19番 BV B73 (リスト=ブゾーニ)
8. メフィストワルツ "村の居酒屋での踊り" BV B61 (リスト=ブゾーニ)
9. コラール"我らに、魂の救済の波へ"による幻想曲とフーガ BV B59 (マイアベーア=リスト=ブゾーニ)

BRILLIANT CLASSICS 94200
Recorded: 2011  

〔メモ〕
リストの作品をブゾーニが編曲した作品を集めたアルバムです。 〔1〕~〔6〕リストのパガニーニ大練習曲の最終稿をブゾーニが編曲したもの。1、2、4、5番は細部が若干変更されているのみで、リスト版と大きな違いはない。第3番はいくつか特徴的な変更があり面白い。レオポルド・ゴドフスキへ献呈されている。ゲザ・アンダやジョン・オグドンも演奏していた。第6番も11変奏中9変奏は変更されていてリスト版との比較が面白い。 〔7〕ハンガリー狂詩曲第19番のブゾーニによる「演奏会用自由編曲」。繰り返しを省略しまとまりをよくしている。僕はこの編曲はこのCDで初めて聴きました(世界初録音?)。 〔8〕これはリストのピアノ独奏稿「メフィストワルツ 第1番」を編曲したわけではなく、管弦楽稿「村の居酒屋の踊り」をピアノ独奏編曲したもので、リストの「メフィストワルツ 第1番」とは異母兄弟のような関係。 〔9〕「アドノス」というニックネームで呼ばれるマイアベーアの「預言者」の主題によるリストのオルガン曲をブゾーニがピアノ独奏曲へ編曲したもの。リストのオリジナルの方はオルガン曲として重要なレパートリーになっている。ブゾーニの編曲も素晴らしいと思います。

奏者はシューラ・チェルカスキーと親しくなり大きな影響を受けたピアニスト。演奏は癖が強い演奏。

フランツ・リスト→オイゲン・ダルベール→ヨゼフ・ホフマン→シューラ・チェルカスキー→サンドロ・イーヴォ・バルトーリ   


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 24, 2012

Busoni and his Circle - Volume I

ミヒャエル・フォン・ツァドラ
レオ・シロタ
エドワルト・ヴァイス 
エテルカ・フロイント 

Busoni and his Circle - Volume I 

busoni circle 1

1. ソナチネ 第6番 カルメン幻想曲 BV267 (ビゼー=ブゾーニ)*
2. ひばり (グリンカ=バラキレフ)"
3. 調子のよい鍛冶屋 (ヘンデル)"
4. “我らに、魂の救済の波へ”による幻想曲 (マイアベーア=リスト)〔ブゾーニ編〕〔前半部〕"
5. ダンテを読んで - ソナタ風幻想曲 S.161/7"
6.-9. インディアン日誌 第1巻 BV267 (ブゾーニ)#
10. 波の上を渡るパオラの聖フランチェスコ 〔ブゾーニ編〕 S.175/2#
11. 今ぞ喜べ、愛するキリスト者の仲間たち (バッハ=ブゾーニ)$
12. 間奏曲 Op.76/3 (ブラームス)$
13. 間奏曲 Op.117/1 (ブラームス)$
14. ラプソディ Op.119/4 (ブラームス)$
15. 豚飼いの踊り ("子供のために"より)(バルトーク)$

*ミヒャエル・フォン・ツァドラ
"レオ・シロタ
#エドワルト・ヴァイス 
$エテルカ・フロイント

Pearl GEMM CD 9014
Recorded: 1924-1958  

〔メモ〕
リストの弟子達が様々なタイプの演奏家がいる一方で、ブゾーニ・サークルのメンバー達はある共通点があるように思います。それは過度にロマンティックにならず、テンポを大胆に揺らすことがないということです。ここに収録されていないペトリも同じ傾向です。ショーンバーグはブゾーニを「近代ピアニズムの始まり」とみなしていましたが、そのことと関連があるのではないでしょうか。このディスクはブゾーニ楽派の凄さを見せつけます。それぞれがホフマンやペトリ級のピアニストと言ってもいいぐらいです。ここに含まれている4人にペトリを加えた5人がブゾーニに個人レッスンをしてもらったことのある5人ということになります。

● ミヒャエル・フォン・ツァドラ
レシェティツキーとブゾーニの弟子でブゾーニ協会の設立者でもあります。彼はブゾーニの死の床でメンデルスゾーンの無言歌を弾いてあげたとのこと。ちなみに復刻レーベルのAPRが彼の全録音を復刻してます。

● レオ・シロタ
シロタが師を決める際にパデレフスキ、ゴドフスキ、ホフマン、ブゾーニに演奏を聴いてもらい4人ともシロタを弟子として迎えると言いましたが、シロタはブゾーニを選びました。日本にブゾーニのピアニズムを伝えた日本ピアノ界の大恩人でもあります(園田高弘も弟子のひとり)。ここに含まれる「アドノス」(トラック4)は本来30分はかかる大曲ですが、15分程度で録音がカットされています。完全な形の録音もあるみたいなのでそれも是非復刻して欲しいです。

● エドワルト・ヴァイス
ブゾーニと12年に渡って親交をもったヴァイスです。シベリウスに「私のピアノ作品の理想的な演奏者」と言われています。彼は一晩でリストの巡礼の年全曲を演奏することでも有名だったそうです。ここに収録されているブゾーニ編曲の伝説第2曲は未出版なので非常に貴重です。

● エテルカ・フロイント
兄はフランツ・リストの弟子ロベルト・フロイントです。兄ロベルトの影響も大きかった彼女も間接的にリストのピアニズムに触れていると言ってもいいでしょう。彼女はイシュトヴァーン・トマーン、レシェティツキ、ブゾーニに師事することになります。なお彼女は作曲家バルトークの親友だったのですが、アラン・エヴァンスによるとブゾーニをバルトークへ紹介したのは彼女だったそうです。
フランツ・リスト→イシュトヴァーン・トマーン→エテルカ・フロイント 

ちなみに第2巻にはカルロ・ゼッキ演奏による「レジェレッツァ」が収録されています。 


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 01, 2011

FERRUCCIO BUSONI spielt FRANZ LISZT

フェルッチオ・ブゾーニ

FERRUCCIO BUSONI spielt FRANZ LISZT

busoni spielt liszt

1. 《アテネの廃墟》による幻想曲 S.389 (ベートーヴェン=リスト)
2. ハンガリー行進曲 S.425/2 (シューベルト=リスト)
3. 《ルチア》と《パリジーナ》の動機による演奏会用ワルツ S.214/3 (ドニゼッティ=リスト)
4. ポロネーズ 第2番 S223/2 〔コーダ:ブゾーニ〕
5. 《リゴレット》パラフレーズ S.434 (ヴェルディ=リスト) 
6. 《ノルマ》の回想 S.394 (ベルリーニ=リスト)〔ブゾーニ編〕

Intercord INT 860.856
Performed: 1905/1907
Recorded: 1987

〔メモ〕
ピアニストのニコライ・デミジェンコが絶賛したブゾーニのヴェルテ・ミニヨンのピアノロール録音です。1905年と1907年に記録されたものを、1987年に再現して録音したものです。
ブゾーニはリストを崇拝していました。彼は1911年のリスト生誕100年の際に、オールリストプログラムによる6回の連続演奏会を開いたり、1900年と1901年にはリストに倣ってワイマールでマスタークラスを開いたりしています。
僕は正直ピアノロールの録音はあまり聴きません。それはテンポが安定しなくてヨタヨタする部分があるからです。それからタッチや音色も十分に再現できていないのではと思います(しかし例えばスクリャービンの自作自演のように素晴らしい例外もあります)。でもこのブゾーニの録音は、ところどころヨタヨタしますが割とマシな方だと思います。彼がどのような息使いで演奏したか、彼がどのように編曲をして演奏したかを知るための貴重なドキュメントと言えるでしょう。
「ブゾーニのアコースティック録音」と「ブゾーニのピアノロール録音」と「当時の証言」などを参照することによりピアニスト・ブゾーニの全体像が見えてくるといった感じでしょうか。

ちなみにRPRF(リプロダクション・ピアノロール・ファンデーション)のローログラフィーによると、ノルマの回想のみブゾーニ編曲であることが記されていましたが、ここでの収録曲全体的にブゾーニの編曲がなされています。

それから別レーベルのCDでブゾーニのヴェルテ・ミニヨンのピアノロール録音によるドン・ジョヴァンニの回想、アデライーデ、カンパネラが収録されたディスクがありますが、超入手困難で聴いたことないです。

関連記事:Busoni and his Legacy


記事一覧(サイトマップ)

ミッチ at 20:11|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

January 25, 2011

Busoni and his Legacy

フェルッチオ・ブゾーニ
ロザモンド・レイ
エゴン・ペトリ

Busoni and his Legacy

busoni

1.-2. 平均律クラヴィア曲集 第1巻 第1番 前奏曲とフーガ BWV846 (バッハ)"
3. 今ぞ喜べ、愛するキリスト者の仲間たち (バッハ=ブゾーニ)"
4. エコセーズ (ベートーヴェン=ブゾーニ)"
5. 前奏曲 Op.28/7 (ショパン)"
6. 練習曲 Op.10/5 (ショパン)"
7. 夜想曲 Op.15/2 (ショパン)"
8. 練習曲 Op.25/5 (ショパン)"
9. 練習曲 Op.10/5 (ショパン)"
10. ハンガリー狂詩曲 第13番 〔短縮稿〕 S.244/13"

11. エステ荘の噴水 S.163/4*
12. ダンテを読んで ソナタ風幻想曲 S.161/7*

13. 死の舞踏 (冒頭欠落あり) 〔ジロティ版〕 S.126ii #$
14. ピアノ協奏曲 Op.39 第4楽章 (ブゾーニ)#$

"フェルッチオ・ブゾーニ
*ロザモンド・レイ
#エゴン・ペトリ
$ハンス・ロスバウト指揮/フランクフルト放送交響楽団

ARBITER 134
Recorded: 1922/1942/1936/1942

〔メモ〕
ブゾーニとその弟子たちの録音集です。ブゾーニという人は簡単に説明すると、作曲家であり19世紀の終盤から20世紀の序盤にかけての最高のピアニストでした。そして史上最高のリスティアン(リスト信者)でもあります。余談ですがバルトークもリスティアンであり、ブゾーニがスペイン狂詩曲を協奏版に編曲した時に、ブゾーニ指揮とバルトークのピアノという組み合わせでその曲を初演しています。

これらブゾーニ自身による録音は普通に聴けば素晴らしい演奏なのかもしれませんが、これがブゾーニの全てだとは思いたくないのが僕の本音です。実際ショーンバーグは「ブゾーニはゴルドベルク変奏曲、ハンマー・クラヴィア、ロ短調ソナタなどの大曲を得意とするピアニストであり、これら残された録音だけで彼を判断することは、大海そのものではなく、その海水をミルク瓶につめて鑑賞するようなものだ」と言っています。それからブゾーニは録音が嫌いで、妻に宛てた手紙で何度も愚痴をこぼしています。とは言っても歴史的価値などを考慮に入れれば、やはりこれは聴く価値のある演奏だと思いますが。

レイによる録音はプライベート録音で、熱く激しい演奏です。

ペトリの死の舞踏ですが、オーケストラがピアノに全くついていけてません。しかしピアノだけに耳を傾けると、このきらめく演奏!ペトリの録音はブゾーニ以上にブゾーニ本人の演奏を想像させてくれるような気がします。

なおブゾーニはショパンの第7プレリュードで曲全体をリピートし、2倍の長さにしています。それからその次の曲、第5エチュードにかけて曲と曲を自然につなげるために即興演奏をしています。

フランツ・リスト→カール・タウジヒ→オスカー・ベリンジャー→ロザモンド・レイ 

関連記事:FERRUCCIO BUSONI spielt FRANZ LISZT
関連記事:EGON PETRI His recordings 1929 - 1942


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 18:52|PermalinkComments(2)TrackBack(2)

January 05, 2006

ブゾーニの愚痴

ブゾーニが録音嫌いで妻に手紙で愚痴をこぼしていることを以前書きましたが、面白い愚痴を紹介します。

“10分はかかるリストのファウストワルツをどうやって4分で弾けというのだ。4分で収めるために省略や即興などをするしかなかったのだ。”

わはは!ファウスト・ワルツを4分で弾くのは無理ですよね。
このブゾーニによるファウストワルツの録音は現在行方不明だそうです。
ぜひ聴いてみたい。


記事一覧(サイトマップ)



ミッチ at 06:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)